梅雨時期の授乳クッションのお手入れ☔ | hahagi

2019/05/18 09:56

そろそろ梅雨時期に入りますね!

”雨雨フレフレ母さんが~♪”

幼少期この歌を歌いながら、友達と傘をさし、長靴を履いて田舎道を登下校していたことを

思い出します。楽しかったな~

雨は嫌いじゃありません♪

が、母である今、長い梅雨時期はお洗濯に困ります。

イヤ~な臭いと、干す場所の確保。

授乳クッションも、何となくじめじめ~っとしますよね。

赤ちゃんもママも意外と汗をかきながら授乳します。

ましてやパパが枕に使ったら加齢臭が~!!!

そんなときのクッションの簡単なお手入れ方法を教えますね!


*まず外カバーははずして普通にお洗濯して干してください。

*中クッションは、お洗濯できなくもないのですが、中の綿がなかなか乾きません。

 そこで使うのは、消臭・除菌スプレー(市販されているもので構いません)です。

 シュッシュッと吹きかけて、数時間~1日置いておくだけで良いです。

*中綿のジメジメが気になる場合は、hahagiクッションは綿の出し入れ口がありますので

 そこからドライヤーを使って乾燥させるとよいですね。くれぐれも火傷や火事に気を付けて!


授乳クッションも、毎日使うものですので、できれば定期的にお洗濯して気持ちよく使いたいですね(#^^#)

お天気の良い日は、1時間でも風通しの良い場所で干してね。

梅雨時期のおうちにこもっている時間を、クッションのお手入れ時間に使ってみてください♡