中学生への性教育

これから少しづつ、確実に大人へと成長する中学生へ、大人として伝えたいこと。劇で伝えたいこと。
大分県豊後高田市田染中全校生徒16名への命を伝える応援団の授業。中学3年生カップルの劇。

これから大人になっていく君たちへ伝えたい大事なこと

大分県宇佐市で5年前に結成された「命を伝える応援団」団長は母の家の代表でもある宇留嶋助産師。今回は大分県豊後高田市の田染中全校生徒16名へ大人になるために大事なことを劇を交えて伝えてきました。

 

恒例の"カップル劇"の感想に

「かけ離れていて、、、」と女子生徒。

「劇がシュールすぎました!」と男子生徒。

(シュール=非現実的)

だよね!だよねー!

そうなんだよ

君たちにはまだ想像もできない未知の男女の関係性が、これから待っているかもしれないんだよ

だからこそ、中学生の君たちへ伝えたい。

 大切なことを。

大人には、教育する責任がある。

教えなければ学べない。正しい情報を。

だから今日も「いのち」を伝える応援団は全力でぶつかる

でも、そろそろオバちゃんが中学生になり切るのは限界が。。。。😅

 ☆高田市は、市が予算を出してくれるため、予算の無い小規模校でも授業に行くことができます。(毎年3)

本当にありがたいことです。

なぜならば、教育を受けることは平等でなければなりません。

良いお知恵があれば教えてください^ ^

「いのち」を伝える応援団